togasoh on Flickr Subscribe via RSS Feed

Category: 考え*mind

ベクトル。


集団でいる以上、100%は残念ながらありえない。

ただ、納得できなくとも理解してもらうことは可能なわけで、問題はどう理解させてどう方向を向けていくか。

ベクトルさえ同じ方向に向いていれば、道筋や考え方が違くとも求めているところへ進むことは可能。

本当に技量が試されるのは、こういったときの舵の切り方なのかもしれない。

踏み出した先。


失敗の経験があるから、先が見えないときに立ち止まる気持ちもよくわかる。
でも、立ち止まっている周りには今と変わらないものしかない。

見えない道へ踏み出した先が立ち止まらなくてはいけない崖だったとしても、
崖から見える景色はその道を歩いてこなければ見えなかったもの。

それは、今までとは違う価値を持った景色。

後悔の力。


人間だから「後悔しない」ことは無理な話。
分かれ道は、その後悔をどう力にするか。

後悔を力にできたとき、
それは大きな“経験”となる。

変えるのは他の誰でもない。
自分自身の「力」と、一歩前へ踏み出す「勇気」。

周りの人間はその背中を押すことしかできないんだよ。

無理と我慢。


まっすぐな性格でも、
自分で抱えすぎても、
後悔と反省ばかりでも、

無理をしてはいけない。

世の中、我慢は必要。
ただ、無理と我慢は違う。

ブログリニューアル。


私は私の意見を述べる。
それがよい意見だからではなく、私自身の意見であるから。

ミシェル・ド・モンテーニュ