togasoh on Flickr Subscribe via RSS Feed

[plugin] WordPressにGoogle Font APIを簡単導入。


Google Font API

5月にGoogleが公開した「Google Font API」。
このサービスを利用すると、これまで画像でしか表現できなかったフォントがテキストデータとして表示できるようになります。

画像に比べて更新性が高く手軽ということで、公開直後から話題となっていたサービスです。せっかくなので、このブログでもタイトルで導入してみました。
こちら、比較的簡単なCSSを記述すればすぐに利用できるのですが、せっかくWordPressを使っているので、より簡単に導入可能なプラグインをご紹介します。

使用プラグイン

WP Google Fonts

使用方法

プラグインを有効化した後、[設定]に追加された「Google Fonts」からどのタグに対してフォントを適用するかを選択します。

使用できるフォントは、Google Font Directoryにあるものから選択が可能。
WordPressの設定画面からもサンプルが確認できます。

これだけで実装が可能なので、CSSの編集が苦手な方やめんどくさいという方にはおすすめのプラグイン。
ちなみに、これ以上の細かい設定が必要な場合は、CSSを直接編集した方がよさそうです。

※ただし、日本語フォントは若干怪しいかも。。

PR

コメントの投稿